* 生活の質向上ログ *

美容大好きおOL主婦がおくる生活・掃除・美容の記録

SNSを辞めた話

こんばんは綺花(きはな)です!

 

フェイスブック、インスタグラム、ツイッター

今の時代いろいろなSNSが生活の一部となっていますよね!

私も以前までSNSマスターのような人間で、ミクシー時代からあらゆるSNSを網羅してきました。

そんな私ですが3か月前にSNSを全部辞めました。

 

辞めようと思った理由

ではなぜ、SNSを辞めるまでに至ったのか。

確かに以前までは楽しくSNSをすることができていました。

自分の投稿も楽しかったことや買ったものを何も考えずに投稿していたし、仲の良い友達から知り合い程度の人までつながり、みんなの投稿も楽しく見ることができていました。コメントが来ないことももちろんあるし、いいねが少ない投稿でも何も気にせず。。

 

しかし、嫁ぐために2年ほど前に遠い他県に引っ越しをしたことがきっかけで考えがガラリと変わりました。

知り合いが誰一人いない遠い知らない土地に引っ越したことで、私は寂しくて心細い気持ちに襲われました。SNSを見ると、仲の良い友達が仲間内で楽しく遊んでいる姿がたくさん投稿されています。今まで楽しく見ることができていた写真もこの状況に陥ると、自分の孤独な気持ちが増強され「いいなぁ」と羨む気持ちが芽生えました。「みんなは楽しそうだなぁ。私も混ざりたいな。でも遊ぶ人いないし。。」と。

 

不思議なことに一度その気持ちが芽生えると、人が買ったものの投稿に対しても、「自慢かよ。」と悪いようにとらえてしまうようになったのです。

 

周りがうらやましく感じているため、自分もその気持ちを隠すためにそれらしい投稿を頑張ってするようになり、充実してるよー!と言わんばかりの投稿だらけになっていきました。今までは意識していなかった いいね の数や コメント も気にするようになり、それがたくさん来ることで安心するようになりました。逆に少ないと心の底から憂鬱になっていました。

 

私は俗にいう SNS疲れ していたのです。

わたしってこんなにマイナス思考だったっけ。。?

こんなに人に対していやな気持ちをもつ人間だったのか・・

そんな自分がもっと嫌。

もしかして、今まで楽しんでいた時の私の投稿も他人からしたらこんな気持ちにさせていたんじゃないか。

 

暇な時間を埋めてくれるはずのSNSを楽しく使うことができなくなってしまったのならもういっそのこと辞めてしまおう。

私は決断しました。

 

 

そもそも何故SNS疲れが起こるのか

 

私は原因を追究し、いくつかの原因をみつけました。

 

まず、私がたった一人で知り合いのいない他県に引っ越したこと。

これは、今まで充実していた生活がガラリと変わったことで

充実していない自分の生活を受け入れることが出来なかったこです。

あっちにはスタバがたくさんあることが当たり前だったから何も特別なことではなかった。でもこっちにはスタバが一軒しかないため珍しいものにかわった。

今までは親も近くにいたし、友人も近くにいた、昔から慣れ親しんだ土地。

何も不満はなかった。でも、突然旦那以外何も知らない味方もいない土地に行ったのです。誰だって寂しく不安な心境になるでしょう。当たり前のことだったのです。自分自身が充実した気持ちでないと人は人をうらやむのです。

 

 

次に、SNSがタイムライン制であること

今流行っているSNSはほとんどがタイムライン制です。

一度その相手をフォローしてしまえば、自分のホーム画面に勝手にたくさんの情報が流れてくるのです。たとえそれが見たくない情報であったとしても。

BLOGは自分が読みたい人の読みたい記事だけを、自分の意志でクリックして開かなければ見ることができません。知りたい情報を自分で選ぶことができます。

 

最後に、知り合いとつながるSNSであること。

一度マイナスな気持ちになってしまうともう後戻りはできません。

その気持ちの発想を知ってしまったからです。

逆に知り合いからの反応も気にするため、嫌われていないか・不快な投稿でないかも考えてしまいます。

ですが、それが赤の他人だった場合、私の場合は全く気にならなかったのです。芸能人や、趣味や考えが好きでフォローしている情報収集したい赤の他人は自分にとって有益で参考になるからです。

 

 

SNSを辞めて3か月経過した今感じる良かったこ

むしろデメリットは今のところありません。

SNSをやめてよかったことばかりです。

 

最初は暇が増えて手持無沙汰でしたが、それも1週間もあれば慣れます。

 

  1. 知り合い程度の人の生活を見ても何のメリットもなかった
  2. 人をうらやむ負の感情が消えた
  3. 友人と定期的に連絡を取り合うようになった
  4. 久々に友人に会う際の新鮮さが増え嬉しい気持ちが増えた。会話も増えた。
  5. 暇な時間をほかの趣味に回すようになった。時間が増えた。
 
今考えると、辞めても何も残るものはなかったな。
メリット・デメリットでするものではないけど
辞めても本当に何も残ってない。何のためにやってたんだろう。
 
私は誰かに見てほしい、認められたいそんな自己顕示欲の塊だったと思います。
病むことが本当になくなった。
 
今では、自分の生活やどこにいる・何をしいるを友人にいちいち知られたくないです。
 
若かったから・カリスマになりたかったから・流行に乗り遅れたくなかったから・すごいと思われたかったから私はやっていたのかも。
 
もう20代後半。いい大人なのでSNS卒業です(*^-^*)